コングレ・愛知グループのご紹介
 指定管理者コングレ愛知グループは、1期目の実績が高く評価され、このたび、2期目(平成23年度〜27年度)も引き続き「ウィルあいち」(愛知県女性総合センター)の管理運営を行わせていただくこととなりました。
 2期目からは、情報ライブラリーの運営および情報提供業務も指定管理業務に加わります。本業務については、グループの新しい仲間として参画する公益財団法人あいち男女共同参画財団が運営させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

株式会社コングレ 財団法人 あいち男女共同参画財団 昭和建物管理株式会社
コングレ・愛知グループがめざすもの
安全な施設・快適な施設・おもいやりのある施設をめざします。
どんな利用者からも「使いやすい施設」となるよう全スタッフともに
「笑顔」を忘れずに対応します。
「お客様の声を反映した施設」をめざします。
指定管理者制度とは?
多様化する住民ニーズに効果的、効率的に対応するため、「公の施設」(文化施設、公園、スポーツ施設など)の管理に民間事業者の能力やノウハウを活用し、住民サービスの向上と経費の節減を図ることを目的に、平成15年の地方自治法の一部改正により、従来の管理委託制度に代わって創設された制度です。
従来の管理委託制度では、「公の施設」の管理主体は行政が出資する法人などの公共的団体に限られていましたが、指定管理者制度では、「公の施設」の管理を行う指定管理者は「法人その他の団体」であればよく、法律上特段の制約はありません。議会の議決を経て指定管理者としての指定を受ければ、民間企業やNPO法人なども、「公の施設」の管理をすることができるようになりました。

とじる